ヒゲ脱毛をした後、一時的に泥棒ヒゲのように濃くなる

ヒゲ脱毛をした後、一時的に泥棒ヒゲのように濃くなる

ヒゲ脱毛はメリットが多いので施術を決意する人も多いです。 しかしながら、少し躊躇してしまう一つに<泥棒ヒゲ問題>があります。 医療クリニックでレーザー照射をし数日経過するとお肌の赤味もとれてきます。

場合によってはヒゲが黒々と目立つようになるケースもあります。 これは医療レーザーで焼けた毛の残りが膨脹してくるからです。 抜け落ちてくれるまでは数日から一週間は我慢しなければなりません。

焼け残りのヒゲは毛穴に残っており腰がなくて柔らかいのです。 電気シェーバーやカミソリでも上手く剃れません。 下手に触るとお肌が荒れてしまって余計に目立ちます。 根本的な対処方法はないのが残念です。

自然に抜け落ちてくれるのを待つしか選択肢はないです。 中途半端に自分で抜くのもお薦めしません。この件に関しては施術前のカウンセリングでもドクターから念を押されて同意書に署名させられます。

「一時的にヒゲが目立ちますが了解いただけるでしょうか」という質問です。 他人と対面する仕事をする場合は工夫をしなければならないでしょう。 顔のヒゲが薄くなることが実感できる4回目程度まではレーザー照射した後の数日間はいつもよりも濃いヒゲになることを覚悟しましょう。

ヒゲ脱毛が成功してヒゲが薄くなれば泥棒ヒゲは目立たなくなってくれます。 これからの長い人生の中でわずか一週間を4回程度我慢すれば、その後のヒゲとの付き合いは楽になります。

私は長い間に渡って青ヒゲとカミソリ負けに苦しんできました。<もっと早期にヒゲ脱毛をしておればよかった>と今でも思ってます。一生、毎日のようにヒゲを気にして嫌な日々を送り続けるのですか? それとも少しの期間だけ我慢して生まれ変わる方が良いのかの判断はあなた次第です。

実際にはマスクをすることによって自然に顔を隠すことができます。 レーザー脱毛を施術している間は日焼けを盛る必要があるので一石二鳥です。 毛の焼け跡を触ったりするとバイ菌が入って毛嚢炎になることがありますが、炎症止めのステロイドを処方してくれるので心配はありません。
サフラン

家庭用脱毛器なら複数で利用できるし美顔効果も!

家庭用脱毛器を購入したらいろいろなことがわかってきました。 ここでは、<自分ひとりでなく複数で共有できること>と<想像以上によかったフォトフェイシャルの美顔効果>についての話題をご紹介します。

1番目は【自分ひとりでなく複数で共有できること】です。 女友だち・親戚・彼氏さん・ご主人などもまとめてケアできるので意外と便利です。 初めはそんなことも気にせず自分もムダ毛ケアが目的でしたが、脱毛している私を見て主人が興味を示したのです。

「それって顔のヒゲの脱毛もできるの?」と。 主人はヒゲを生やしているスタイルなんですが、頬のあたりに生えてくる毛があって手入れに苦慮していたのでした。これも家庭用脱毛器ならば簡単に綺麗になりました。

主人はすね毛も多くて家のあちらこちらに抜け落ちていて気持ち悪いのです。 今では、足の脱毛を最優先にしてヒゲの脱毛を私がお手伝いしています。 その代わりに私の背中のムダ毛処理は手伝ってもらい夫婦円満のツールにもなっているのです。

2番目は、【想像以上によかったフォトフェイシャルの美顔効果】です。 家庭用脱毛器にはフォトフェイシャルの美顔機能がついている機種があります。 女性はお顔の悩みがいろいろあると思います。

そんな悩みをこれ1台で全てクリアしてくれました。 家庭用脱毛器は最強の美容アイエムでした。 脱毛は毎日やりたいけれどお肌の負担もありますから私は1週間おきに使っています。

美顔機能を毎日やっていましたら数回照射するだけなのにほうれい線が薄くなりました。 キメが整って悩みの種だったシミまでも薄くなって老けた印象が解消されたのです。 数種類の美顔器を「汚れ落とし」「美容成分の導入」「保湿する」と使い分けをこれまでしなくてはなりませんでした。

けれども家庭用脱毛器のフォトフェイシャルを使えば他の美顔器は不要です。 お肌の新陳代謝を刺激してターンオーバーを正常化してくれるので、どんなお肌の悩みも解決します。水を入れて準備しなけれならないスチーマーも要りません。

顔全体に使っていたイオン導入器もすごく時間がかかっていましたし美容液が別途必要でした。美容成分導入機もコストばっかりかかっていたのでお蔵入りしてしまいましたが、 家庭用脱毛器はスイッチオンして3分程度のケアで大丈夫ですから、これからもずっと使い続けたいですね。

ヒゲ脱毛をする場合の基礎知識

ヒゲ脱毛と言うと男性をイメージしそうですが、そうでもありません。女性でも顔のムダ毛は気になるのです。男性よりも毛が細いのでケアがしにくい面があるので脱毛エステサロンで施術している女性も多いでしょう。

一方、男性の髭は女性と比較すると太いですし生えている範囲も広いので美容外科クリニックで医療脱毛されるケースが一般的です。

今回は<ヒゲ脱毛をする場合の基礎知識>をまとめておきましょう。ヒゲの中でも部分に分かれて施術する場合があります。「鼻の下」「口の下」「頬」「もみあげ」「あご」「アゴした」などに生える毛の全体をヒゲ脱毛と定義している店舗が一般的です。

ヒゲの範囲や施術方法によっても脱毛料金は大きく違いますし、男性と女性でも価格差があります。価格に違いが生じるのが脱毛方法です。

・「光脱毛」は価格がリーズナブルですから人気
・「レーザー脱毛」は光脱毛と針脱毛の中間ぐらいの料金設定
・「針脱毛」はヒゲ1本1本に対して処理をしていくので、時間制で高額

針脱毛の価格設定は時間単位になり、1分間で600円が平均的になっています。 美容外科クリニックや美容皮膚科では医療レーザー脱毛と針脱毛が施術できるところもあります。ヒゲの量に応じて両方の施術ができますから料金も効果的に抑えられて有利です。

では、実際にどの程度の料金になるのでしょうか? 毛の質や量によって差がありますが目安にしてください。

・男性の場合=50,000円から200,000円程度
・女性の場合=10,000円から50,000円程度

脱毛の回数は価格と同じで「施術内容」「毛の太さ」「毛の量」「毛が生えている範囲」によって全く違います。「医療レーザー脱毛」や「光脱毛」の場合は、6回コースとか12回コースとか、コースで決められていることが多いです。

コースが終了した段階でヒゲの残り方を見て判断し、継続するかしないか決定できます。針脱毛の場合は時間によってチケット販売するシステムを導入している店舗が多いです こちらは回数よりも時間で決められます。

↑ PAGE TOP